WEBとかパソコンとかスマホとか

Googleドキュメントで突然の「IMEが無効です」を回避する方法

パソコンのトラブルイメージ画像

ライター・仕事の文章・学校のレポートなどをGoogleドキュメントで書いている時、突然「IMEが無効です」と出て、何をしても日本語入力ができなくなって困ったことはありませんか?

今回はその原因と解決法を書いてます。

テキスト・ワードが時々固まるので、Googleドキュメントも使い始めたけれど…

私は、依頼をいただいた原稿の下書きを、ワード形式指定で納品する時は最初からワードに入力し、それ以外は一度テキストエディタ(Windowsに最初からついてるやつ)で下書きしています。

webライティングに適したテキストエディタも色々あるんですけど、カラフルに色分けしてくれてたりとかで逆に目がチカチカして(^^;)

なのでホントにシンプルな白黒のテキストだけのを使っています。

だけど、そんなシンプルなテキストエディタなのに、たまに「動作を停止しました」と、固まってしまうんですよね。ワードも時々固まります。

そうなると強制終了するしかなく、さっき保存したところから今まで書いたことがパアになるので、悔やんでも悔やみきれません。

ワードには初期設定で10分ごとに自動保存してくれる機能があるので多少マシですが、10分だと相当書き進んでいることもしばしば。

以前、「ワードの自動保存の設定を1分とか短い時間に変更しておくと安心だよ!」という話を聞いてやってみたのですが、微妙に動きがたどたどしくなるような気がして。また10分おきに戻してしまいました。

今ふと思いましたが、あいだを取って5分にするといいのかも?

…と、それは置いといて、クラッシュで時間をロスするなんてプロとしてありえないし、精神的打撃も大きいので、数年前からは一字一句をリアルタイムでクラウドに保存できる「Googleドキュメント」も使っています。

オフラインで作業したい時もあるので、完全にGoogleドキュメントに移行はしていませんが、今のところ、手元のテキストファイルとワードとGoogleドキュメントを使い分けている状態でまずまずうまくいってます。

ただ、最近、このGoogleドキュメントを使っている時に、急に日本語入力ができなくなるトラブルが続いて困りました。

IMEの日本語入力が停止するトラブルはこんな感じ

日本語入力のON/OFFを切り替えたり、IME(日本語入力)のアイコンをクリックしたり、「無変換」キー(スペースキーの左横にあるやつ)を押したり…どれもやった覚えはないのに、急に日本語入力ができなくなり、

konnnafuuninarimasu!

↑こんな風になります(;´Д`)

最初はうっかりキーを押したのかな?と思って「半角/全角」キーを押してみたけど戻りません。

右下のIMEアイコンにマウスを持っていくと、普通なら

IME(日本語入力)が有効な状態

となるところが、

IMEは無効です と表示された状態

「IMEが無効です」のまま、クリックしても何しても、バッテン印から変わらないんですよね。

右クリックはできるのですが、

キーボードのトラブルシューティングをすすめるメッセージ

「キーボードの問題のトラブルシューティング」をしてみては?と提案するメッセージが出てきます。もしかして私のキーボードの方が壊れてるんじゃないかと言いたいのですね。

試しにやってみたけど、結果は「問題は見つかりませんでした」。

仕方ないのでいったんドキュメントを終了し、再度開いてみると、いちおうIMEは復活していて使えるようになってます。何だったんだろう…と思いながらしばらく使っていると、5分ほどしてまた同じ現象が!

けっきょく、終了→開く→IME停止 を3回繰り返し、はたと気付きました。

きっかけは「文字数カウント」

IME(日本語入力)ができなくなるタイミングで私が必ずやっていたこと…それは、WEBライティングに欠かせない「文字数カウント」でした。

文字数をカウントする方法はいくつかありますが、私はその時、ショートカットキー「Ctrl+Shift+C」を使っていました。

すると、その直後に毎回「IMEが無効です」というトラブルが起こるんです。

Googleドキュメントでは、メニューの「ツール」の中にも「文字カウント」があり、そちらでカウントした場合は問題は起こりません。

さらに、「Ctrl+Shift+C」でIMEが停止してしまった時に、再度「ツール」-「文字カウント」をクリックすると、今まで何をやっても元に戻らなかったのに、ちゃんと日本語入力が可能になることまで判明しました!

Googleドキュメントの「IMEが無効です」を回避する方法とは…

内部のしくみは詳しく分からないのですが、Googleのヘルプフォーラムでも「不具合だと思われます」とあるので、私だけの現象ではないようです。

ただGoogleドキュメントのフォーラムを見ると、英語ばかりでこの問題についての回答は見つけられませんでした。

そりゃ英語のユーザーには起こりえない問題ですもんね。「日本語入力ができなくなる」って(笑)

とりあえず、現状、このトラブルを回避するには、

  • 「Ctrl+Shift+C」で文字数カウントをしない
  • 「ツール」-「文字カウント」を使う

というのが有効なようです。

文字カウントにはこんな方法もあるよ

ちなみに、文字数を確認するには、以下のような方法もあります。

Chromeのアドオン(拡張機能)を入れる

ブラウザにChromeを使っている場合は、選択した部分の文字数を表示してくれるアドオン(拡張機能)がいくつかあります。

私は、「かんたん文字数カウント」というのを使っています。

Chromeの画面内であれば、カウントしたい部分をドラッグして右クリックすると、コンテクスト(=右クリックしたときの)メニューに、「選択したテキストの文字数をカウント」というのが出るので、これでカウントが可能。

かんたん文字数カウント使用中の画面キャプチャ

短い文章やタイトル文字数を数えたいとき、ツイッターの投稿(140文字)確認などに向いています。

アドオン(拡張機能)は、「Chromeウェブストア」から追加できますよ。

文字数カウントしてくれる無料サイト

長文のうちの一段落など文字数が多めの時や、メールなど、文字カウント機能がない時は、カウントしたい部分をコピーして貼り付けると、文字数を教えてくれる無料サイトがあります。

いくつかありますが、私はここを使わせてもらっています。

「nummoji(なんもじ)」

http://www.nummoji.kenjisugimoto.com/

ページが軽くてサクサク動くので、タブをいくつも開いて調べ物をしながら書いている時でもストレスがなくて助かってます。

おわりに

私はかなり頻繁に文字数を確認するので、今回の「IMEが無効です」現象の理由が分からないままだと、Googleドキュメントを使うこと自体が嫌になりかねないところでした。

日本人(というか日本語を使う人)のうち、WindowsでGoogleドキュメントを使う人で、さらに「Ctrl+Shift+C」のショートカットを使う人…と、世界的にはちょっとマイナーな立場ゆえか、大きな問題にはなっていないようですが、できれば改善してほしいですよね。

同じ問題で困っている人のお役に立てればさいわいです。

ではまた!